top sub

会長挨拶

image kaicho

みんなの力を一つに

 

 藤沢市体育協会は、先達が創りあげてきた沢山の実績を持ち、長い歴史と伝統が脈々と流れています。設立当初の7団体から加盟団体は33にもなっており、先人達のスポーツに対する愛しむ心と英知に感謝しています。
 体育協会の現状は、世の流れと同じく少子高齢化が進み、若者の確保は喫緊の課題です。行政含めた厳しい財政状況も課題であり、特に施設拡充などは難しい状況です。このような状況下ですが、加盟団体と同じ目標、同じ情報を共有し、意見交換を深め、知恵と力を出し合い、一丸となって進めたいと思います。
 難題に関しては、市内の関係団体と連携して進めるべく、現在「藤沢のスポーツを考える会」で、今後の取り組みについて議論を進めています。大きな枠組みの中で他団体とがっちりスクラムを組み、知恵と力を出し合って一つのものを作り出していくことが大切です。その第一歩として、今年の「スポーツ祭り」は、関係団体が力を合わせて取り組むことになっています。より発展した事業として、一つ一つ着実に実現させ、スクラムの隙間を埋めていき、一つの団体として纏まれたらと考えています。

また、藤沢市障がい者スポーツ協議会とも連携を深めたいと思います。
他人を変えることは難しいですが、自分を変えることは容易にできます。体育協会の中に脈々と流れる長い歴史と伝統を損なうことなく、目標に向かって舵をきり、みんなで一緒に自ら歩み出しましょう。

 

 

藤沢市体育協会   

 会 長   林 良雄   

 副会長  八幡 満夫 

 副会長 波多野 和敬 

 理事長  武井 英雄 

  他役員一同